下戸 アルコール依存症

MENU

 
下戸でも生中2杯飲めるようになった、特別なウコンって!?
今だけの特別価格もアリ!
↓ ↓ ↓

ゲンキウコンの詳細をチェック>>
 

下戸 アルコール依存症 中毒

下戸の方でも、アルコール依存症(中毒症状)になる可能性はあります…!

「お酒が飲めるようになったら、楽しいだろうな…」
「多少無理してでも飲み続けると、お酒に強くなるって聞くし…」

このブログを書かせて頂いている管理人は根っからの下戸です。

 

僕も「お酒に強くなりたい…!」思ったことがあったのですが、下戸の方が「お酒に強くなりたい…!」と無理をして飲酒することはとても危険でして、強いてはアルコール依存症になってしまう可能性があることが分かりました。

 

下戸 アルコール依存症 中毒

 

そのため今回は「下戸の方は無理をして飲酒しない方が良い理由」を今まで集めてきた見識を元に、アルコール依存症の原因などと絡めながらまとめてみたいと思います…!

 

 

下戸 アルコール依存症 遺伝子

アルコールに関する遺伝子タイプについて

下戸 体質」の記事でもご紹介させて頂いているのですが、アルコールに関する遺伝子タイプは3つに分けられます。

 

  • 活性型(NN) = 「お酒、すごく強いよ!」なタイプです。
  • 低活性型(ND) = 「全く飲めない訳じゃないけど、弱いかな…」なタイプです。
  • 不活性型(DD) = 「(アルコール分解酵素が全くないので)何をしても飲めません。」というタイプです。

という3つに分けることができるんですね。

 

下戸 アルコール依存症 遺伝子

 

完全な不活性型の遺伝子を持つ方は「無理をして飲んでみよう」と思っても、量を飲む前に体に何らかの症状が顕著に現れるので、「お酒、無理して飲んでみよう…」という事がどうしても続けられない、といった事があります。
(※このタイプの方が無理をすると急性アルコール中毒になりますので、本当に危険です※)

 

 

そして、遺伝子が低活性型の方は「お酒少しは飲めるから、強くなるために飲み続けてみようかな…」と思うと、ある程度実行できてしまうタイプでもあります。

 

下戸 アルコール依存症 アセトアルデヒド

 

このタイプの方が無理をしてお酒を飲み続けることが、とても危険だったりします…!

 

 

下戸 アルコール依存症 原因

そもそも、アルコール依存症になる原因とは!?

アルコール依存症になってしまう原因を探っていきますと、

  • 脳に何らかの異常が起きて、お酒を飲むことをコントロールできなくなる

といった事でした。

 

 

この「脳に何らかの異常が起きる」という事の原因としましては、

  • 遺伝子が関係している(アルコール依存症になりやすい遺伝子=お酒が飲めるor弱いに関係ない部分で)
  • 飲酒開始の年齢
  • 普段の生活におけるストレスなど、心的要因によって

という所が、脳に何らかの異常をきたす原因になっているという事だったんですね。

 

下戸 アルコール依存症 原因

 

ここで振り返ってみますと、

  • 「お酒に強くなりたい…」

と思って無理して飲み始める方は、

  • お酒が飲めないことへの、何らかのコンプレックスを抱いている

という可能性が言えるという事だったんですね。

 

 

 

そしてこの状況というのは

  • アルコール依存症になってしまう「心的要因」と繋がっている

という事も言えまして、毎日無理して飲み続けることがいつしかアルコール依存症へのフタを開けてしまう事になっていた、というケースがあるという事でした。

 

 

下戸 アルコール依存症 訓練

「訓練」のために無理矢理アルコールを飲むことは、大間違いです…!

ここまでの事や、このブログでご紹介させて頂いていることをまとめてみますと、

  • アルコールに強くなるために、「訓練」として無理して飲酒しても強くなることは絶対に無いです。(無理に飲酒して「強くなった!」という発言は、元々お酒が飲める遺伝子を持っていた方が単に「お酒に慣れた」状態です。)
  • 低活性型の遺伝子を持つ方が無理をして飲酒を続けることは、アルコール依存症になってしまうリスクが高いです。
  • 無理をしてお酒を飲むことに、良いことはひとつも無い。(断言します…!)

といった事になります。

 

下戸 アルコール依存症 訓練

 

そのため、このブログに辿り着いてくださって、

  • 「下戸を克服するためには、無理してアルコールを飲んだ方が良いのかな…?」

と思われていらっしゃった場合には多くのリスクがある事をお伝えさせて頂きたくて、今回このブログを書かせて頂きました。

 

 

下戸 アルコール依存症 酒豪

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

 

また「下戸」や「お酒」にまつわる真実を色々と書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします=b

 

二日酔い対策に効くサプリ ランキング 公式

関連ページ

下戸 吐く | 吐き気は抑えられませんでした…!
下戸の方が仕方なく飲酒した時に、心配で不安に思ってしまうことの一つに、吐き気(吐く)という事があると思います…!下戸の僕が吐き気を催した時にどう対処したかetc…書いてみましたので、ぜひご覧ください!
下戸 貧血 | 貧血の対処法と、更なる危険性について
下戸の方をはじめ、アルコール摂取(飲酒)によって貧血が起こる原因(メカニズム)と対処法についてまとめてみました。また、下戸の方は貧血以上の危険性があることも分かりましたので、アルコール摂取にまつわる情報をお探しの場合は、ぜひご覧ください。
下戸 認知症 | 下戸は認知症になりやすい?本当の所、調べました
下戸と認知症の関係性について書いています。一部では「下戸だと認知症を発症しやすい」といった情報が流れていたりするのですが、本当に下戸だと認知症を発症しやすいのか?その根拠は?本当の所は?という所について書いていますので、ぜひご覧ください。
下戸 寿命 | 下戸は早死する!?寿命との関係性、調べました
下戸と寿命の関係性についてまとめています。下戸だと早死してしまうのか?適度にお酒を飲むことの効用について、また下戸の方が健康で長生きするために必要なこととは、といった所について書いていますので、ぜひご覧ください。
下戸 痛風 | 下戸体質は痛風になりにくいって本当?
下戸と痛風の関係についてまとめています。「下戸だと、痛風になりにくいって本当?」といった疑問に対して、根拠を元に本当の所を書いていますので、下戸と痛風の関係性について情報をお探しの場合は、ぜひご覧ください。
γ-GTP 下戸 | 下戸なのにγ-GTPの数値が高いのはなぜ?
下戸の方で、普段お酒を飲まないのにγ-GTP(ガンマGTP)の数値が高い時の原因と対策についてまとめています。普段お酒を飲まない下戸の方でもγ-GTPの数値が高くなる事はありまして、適切な対策をすることで下げられますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
下戸 リスク | 知られざる「無理に飲酒するリスク」について
下戸の方が無理に飲酒をするリスクについてまとめています。下戸の方が飲酒をした時に、想像のつく範囲のリスク・症状から、「実はこんなリスクまで…」といった事について書いていますので、情報をお探し場合はぜひご覧ください。
下戸 眠くなる | 飲酒で眠くなるのはどうして?対策はできる?
下戸の方がお酒を飲んだ時に眠くなる理由と対策について書いています。飲酒による眠気は、お酒に弱いからなのか?眠くなることへの対策はできるのか?といった所についてまとめていますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
下戸 真っ赤 | 飲酒で真っ赤になるのはどうして?治せない?
下戸の方(お酒が弱い・全く飲めない方)が飲酒した時、顔や体が真っ赤になる事についてまとめています。飲酒で真っ赤になるのはどうして?治せない?といった事や、合わせて下戸の管理人が生中2杯飲めるようになった方法についても書いていますので、ぜひご覧ください。
下戸 頭痛 | お酒を飲んだ時の頭痛、薬で抑えると危険!?
下戸の方は、無理をしてお酒を飲むと頭痛が起きてしまう事があると思います。そんな時に頭痛薬を飲んで頭痛を抑えることは大丈夫?正しい対策・対処法は?という所について書いていますので、下戸の方や飲酒でよく頭痛が起きてしまう場合にはぜひご覧ください。
下戸 アレルギー | 下戸ってアレルギー?詳細まとめました
「下戸ってアレルギー?」という疑問に対する答えを書いています。下戸ってアレルギーなの?アレルギーじゃないとしたら何?改善することはできる?etc…といった事についてまとめていますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
下戸 泥酔 | 下戸の人が泥酔…その理由と対処法は?
下戸の人が、お酒を飲めない事を自覚しているのに泥酔するほど飲んでしまう時の理由と、周りにいる下戸の人が泥酔してしまった時の対処法について書いています。お酒が飲めない下戸の方の心理なども分かるように正真正銘・下戸の管理人が書いていますので、ぜひご覧ください。
下戸 うつ | 下戸でうつ病の方が、会社の飲み会に誘われた時は。
下戸の体質で、うつ病と闘っている方のお悩みのひとつに「会社の飲み会に誘われて断ったら叱責されました。どう対処したら良いですか?」といったお悩みがあると分かりました。実際にどう対処するのが最善の策になるのか、世間の声や管理人の体験談と合わせて書いていますので、ぜひご覧ください。